皮膚科でアトピーを撃退【ツルツルな健康肌を目指す】

医者

料金を安くするコツ

お得に通院する方法について

皮膚科は内科や眼科の次くらいによく利用されます。若いうちはコンタクトレンズなどのために眼科に行かれる方が多いですが、年齢が上がるにつれ皮膚科の需要が伸びてきます。 主にはしみ抜きやほくろ除去、イボ取りなど美容に関する目的で通院されます。もちろん皮膚がんや火傷、アレルギー肌の治療なども行っています。 皮膚科も医療機関ですのでクーポン券や独自の割引はできません。よってどこに通われても費用は同じくらいです。 しかし、紹介状を書いてもらうことにより、有名な皮膚科に一般の方より安く、優先的に見てもらうことができます。紹介状は一般的に町の診療所から大きな病院に書いてもらいますが、逆も可能であるため家の近くの小さな診療所を指定して、先生にお願いすることもできます。

皮膚科は他のところと違うのか

医療機関に行くと初診料や再診料の他に様々な経費がとられます。皮膚科でも同じで先生に見てもらうだけでも1000円程度かかります。 そこに検査や薬をもらうと2000から3000円程になることが多いです。もちろん高齢者になれば1割負担などの規定は同じです。 皮膚科で処方される薬は、薬局やドラックストアでもよく似た成分の商品があります。通院や待ち時間、再診料などを考慮すると市販薬のほうが安くなることも多々あります。 薬に関しては他の疾患と異なり、画期的な薬の開発等はあまりおこなわれていないため、昔からの安全性の高い薬が使われています。 一方市販の薬は保湿性や浸透性に工夫されており新たな成分が使われていることもあるため、診断結果と処方薬をドラックストアの薬剤師さんに見てもらうとお勧めの商品を紹介してくれるかもしれません。

医療機関を有効活用

ニキビをつぶしてしまうと出来るのがニキビ跡です。ニキビ跡を治したいなら皮膚科クリニックなどの医療機関に行って治療をすることをおすすめします。皮膚科ならレーザーやピーリングなどでニキビ跡を消す事ができます。

詳細を確認する...

爪や手にも感染する

水虫は非常に厄介な感染症で、そのまま放置しておくと爪や手にも感染してしまい爪水虫になる可能性があります。昔に比べると水虫治療薬なども多く誕生しているので、こうした治療薬を利用して早期改善することが大切です。

詳細を確認する...